2009年3月29日日曜日

すばらしい校歌!

本日8強を懸け花巻東と対戦する大分”明豊高校”
ここの校歌が、また素晴らしいのですよ!!

製作にあたった人がすごい!

   『明日への旅』
作曲 南こうせつ 作詞 南育代

南夫妻が手がけた作品!

地名・学校名等一切使用せず、さもニューミュージック!

敗退したチームへも伝えるメッセージ性の強い校歌だと
感じました。試合後、清清しい気分になります。

公式校歌ページ

2009年3月27日金曜日

100kmの壁

いよいよ明日より、麻生内閣の肝でもある”高速道路ETCのみ割引”


がスタートします。祝祭日に限り、1度乗ればどこまで行っても千円


インパクトありますよね~。


しかし、メタボ的に興味シンシンなのは、月曜日から始まる平日割引!


今までは、深夜割引・通勤割引など、ごく限られた時間帯でのみ


平日は割り引かれておりました。

しかし、今回はその隙間を、平日昼間割引と平日夜間割引。

前者は時間内に2度、100km以内に限り30%off

後者は時間内、距離・回数関係なく30%off

その間にある、通勤割引は100km以内1度だけ50%off

ここで、問題なのは100km!!

事前に目的のIC間を計測する必要あります。なんてめんどくさいんでしょう

こんなことなら2年間に限り、高速道路料金一律50%OFF!!!

こちらのほうが、皆さん喜びそうですがwwww


2009年3月16日月曜日

ヒトリスト天国!御岳ロープウエイ

一年ぶりのスキー場,御嶽ロープウェイです。 胸ポケットに携帯電話仕込みまして、動画撮影に挑戦。

P902iはゲイラカイトで空撮したり、汐川へ落とされたりと大活躍ですwww


下が見えない・・・・・怖いですね
下から見ましてもエゲツナイ傾斜です。


ファニーな標識

video
動画撮影

編集しましたらコマ落ち酷かったので

そのままNO CUTで掲載ww

音量注意!!

video

ロープウエイからの動画も編集無しで掲載

こちらは現在の携帯電話で撮影。VGA規格なので

鮮明な画像撮れました。


2009年3月10日火曜日

久しぶりの乗車そして伊良湖へ

強風吹き荒れる中、重い腰を上げ、いざ伊良湖目指します。 ピンポイント天気予報見ますと『快晴』 ただ9Mの北西の風・・・・
9Mなんてまたまた冗談をwww
一応風除けになると言われる、サイクリングロードで向かいます。

ロングビーチにあります、手作り感満点の・・・・なんて表現してよいやら(笑)
もしかして、佐久島にある『おひるねハウス』をモチーフにしたのかな??


場所によっては良い波が立っているようで、数多くのサーファー見受け
られました。良い趣味ですよね~お金かからないし~。


前日からの雨で、サイクリングロード水没orz

いつもの砂没ポイントもご覧の通り。まあ仕様ですね。コレが本来の道
と思いますか(笑)

和地にさしかかりますと、いよいよ菜の花畑がお目見え。
この時期だけですからね~。田原市万歳です。

フラワーパーク跡地で、燃料補給。
名物『菜の花コロッケ』
苦みばしった大人のテイスト。茎部分も入っているようです。

圧巻ですね~!他の土地でも菜の花祭りなんて、開催されていますが
コレだけの規模は他では真似できないのでは?
平日にもかかわらず、見物人多数見受けられましたよ。
ビュー下のお約束絶景ポイント。

神島もくっきりと見えます。気分爽快~~^^

気持ち良く下りますと、恋路ヶ浜駐車場へ到着。
いつもと違う風景・・・人が多すぎます!!
視認出来るだけで、観光バス10台!!
いつもの灯台茶屋。とても忙しそう!旦那さんの声が大きいこと!
『お食事は二階へどうぞ~』 昼が近いので、飲食店お客争奪戦勃発!
そうこうしていると、2F満席&1F満席。残すは表の私の席・・・・・
視線が冷たくなったので移動開始www
始めてみました『菜の花バス』 遠くからでもハッキリ分かりますね~
道の駅でも飲食したことですし、さて帰りましょうか!

再び恋路が浜。南京錠つけるのですが、中には自転車用の鍵ww
ま・・いっか(笑)
それにしても原色は美しい~。目に沁みますよ。
伊良湖ビューホテルは日本中で屈指の好立地ですよね!
眺め良し・料理良し・さらに温泉(残念w)なら非の打ち所無し!
日出の石門上部からの眺めも・・・ん??砂浜狭くなりましたか?
杞憂なら良いのですが・・・
丈夫な木ですね~。土がなくてもよいのか??
さて、ここからは北西の風を背に受け、アシスト付き自転車のように
爆走だ~!!とはいきません(泣)
思いもしない方向から強烈な横風!しっかりとハンドル持ってないと
体ごと吹っ飛ばされそうです。
気が早いのか、道の駅デキル前に、看板だけ先行設置。
伊良湖のインフォメーションには3月完成とポスター掲載されて
いました。
今年に入って初めてのロングライド。ゆっくりと記憶を紐解くように
景色を見ながら走るってのもいいものでした。

2009年3月9日月曜日

湯谷温泉湯めぐり券にて漫遊

本日は、一刀流さん達とスキーに行く予定でした。しかし、メンバー集まらずさらに
予てからの陽気で雪質低下も災いし、中止と相成りました。orz
そんな事情もあり、嫁さんと温泉出掛ける予定に!しかし、当日嫁さん不参加となり単身
温泉ツアースタート。
実はこの湯谷温泉湯めぐり券、新城商工会館にて購入したものですが、5枚で¥1500!!

期間限定ですが、はっきり言って お・と・く!一箇所¥600でも¥3000ですからね!
本来なら嫁さん2枚・私3枚消費予定でしたが、単身5枚消費することに!

マッタク下調べ無での入浴。提携7箇所の内5箇所利用可能。さらに時間制限あり。
単純計算しまして1箇所36分で5箇所廻れば、時間内にコンプリート可能。
1湯目・・・湯谷観光ホテル泉山閣
ここはインパクトありますね~!!な・ん・と・・・・蓬莱泉の酒樽が露天風呂に!!
小さなコップも備え付けてありまして・・・ご・じ・ゆ・う・に!!ですよ!!
最初から大興奮!!
残念ながら車で来ましたので、生唾飲み込みつつ我慢の子でありました(泣)
露天風呂からの眺めも最高!
川底が一枚の岩に見えますね~
サービスショットですww

2湯目は・・・松風苑
温泉スタンドの右手になります。最も高い場所になります。最新の源泉流し込んでいるようです。
ここで一緒になった御仁と着替えながら会話したのですが、湯めぐり券知ったのですが新城
市内まで戻らないと買えないと聞き、泉質でここを選んだそうです。私が後3湯入ると告げると
”湯当たりしないようにね♪”優しいお言葉痛み入ります。
次なる目的地は対岸にあります。赤い吊橋渡りまして向かいます。

3湯目・・・・湯の風HAZU名前からも想像出来ますが、お洒落な温泉ですね。

多分、温泉旅館の中では最大級の浴槽だと思います。アメニティも充実しております。
湯船に浸かりながらでは、景色は見れません。

来た道を引き返します。後2湯ですが最後は、三角屋根の温泉と決めております。
そこで決めました次なる温泉。
4湯目・・・・旅館ひさご
一番最初に訪れた泉山閣さんの隣になります。
ここではじめて気付いたのですが、入り口通過しますと、仏法僧の鳴き声が・・
さっきまでの施設でもあったと思います。
ここの浴槽は小ぶり。洗い場も3つとコジンマリとしております。
しかし、温泉ヲタのあたくしは、こういう温泉”グッ”ときますね!

妙に落ち着きまして、またセルフ撮影www

ぼ~っと眺めておりますと、猛禽類の姿が!トンビかと思いますが数羽視認出来ます。

湯谷温泉駅を横目に最終入浴地目指します。
暑くなく寒くなく、湯冷ましにはいい気候ですね。


ちょいと寂れた駅前ですが、趣があり好きです。

いよいよ最終5湯目・・・・ゆかわ。
日帰り入浴¥800とありました。あとは食事付きプランもあるようです。
ここの目玉は・・・・・
愛知県で唯一の『混浴露天風呂♪』あああああ・・・いいひびきですよね~
しかし、現実は甘くないですよwww女性専用の露天風呂も完備されています。
そんな中で、入浴してくる淑女は・・・露出○www
湯はぬるめで長湯できそうですね。眺望もいいです!うっとりするようなロケーション。
数年前に、PSのロケでモンキッキーが来たようですね。 駐車場からの撮影ですが、目の前に滝&巨岩!圧倒されますよ~^^
さて・・・チケット全て使い切りました。
何処からとも無く音楽聞こえてきます。
あの曲は・・・・
QUEEN・・・・
We will we will・・・・・六湯(ROCK YOU)(≧∇≦)ブハハハ!
と言うことでROCK YOUじゃなく(クドイ)六湯目は足湯。異常な熱さで足真っ赤www
矢継ぎ早に温泉入浴したわけですが疲れました。
でも、¥1500でこれだけ楽しめたわけですから大満足です。
                           ~おまけ~
新城市内、野田踏切近くにあります”YOKOHAMAゴム”この工場敷地に隣接した
公園に巨大な物発見!!!

なんとゴジラならぬ『ゴムラ』 名前はベタだが迫力ありますよ~



その隣には首長竜!!うっひょ~~~でっけ~~~(釣り吉三平風)